logo


HOME > 心・し・あ・わ・せ・楽園・春日トップページ > お食事  お問合せ・資料ご請求


口腔ケアへの取り組み

meal食する楽しみを、最後の一口までお口から、と常々思っていました。
春日のご入居者様にも、咀嚼・嚥下がスムーズに出来なくなっている方が
いらっしゃいます。口腔ケアは風邪や感染予防と思い力を入れてきましたが、
プラス、お口の筋力のリハビリの大切さを学びました。
ある方の件で、九州大学病院の顎顔面口腔外科(摂食、嚥下機能支援外来)を知り、
口腔ケアやリハビリに力を入れてある歯科の先生をご紹介頂きました。
今後、先生方のご指導を頂きながら、楽しんでお食事を召し上がって頂けるように、
勉強しながら努力いたします。
楽園・春日の取り組みが発信元になり、口腔ケア・リハビリの重要性を解りあえる仲間を増やしたいと思っています。
(2011/7月 楽園長:中山小夜子)


8/30 第1回 口腔ケアの勉強会を開催しました
mealmeal
スタッフのスキルアップのため、アンブル歯科の先生をお招きして、
「摂食・嚥下」についての勉強会を行いました。





(スタッフの感想)
アンブル歯科の原先生と九大顎口腔外科の平野先生による、勉強会が行われました。私達の知らない内容が多く、
驚くことばかりでした。例えば、食事介助で長く時間のかかる方に対して、必要以上に時間をかけてしまうと
疲れてしまい、機能低下となり、その結果、誤嚥を起こしてしまうということを知り、とても勉強になりました。
今後も色々な質問をして勉強をし、介護の役に立てていけたらと思います。

先生方のお話を聞いて正直恥ずかしくなりました。口腔ケアというものにあまりにも無知で、キレイにすればいい
という考えでいました。高齢者だけではなく、人にとって「食べる」ということは楽しみのひとつです。
その楽しみを奪わないためにも、口腔機能向上に励みたいと思います。ちなみに第1回は少し難しい内容も
ありましたので、先生方にどんどん質問疑問をぶつけていこうと思います。
ためになるお話、ありがとうございました。



心・し・あ・わ・せ・楽園・春日
福岡県春日市一の谷1丁目51番地2号 〒816-0852 ★ フリーダイヤル 0120-782-556
tel.092-581-3560 (代表)  fax.092-581-3561  kasuga@danishcare.jp